◆◆◆ 2023年 年末年始の配送について:【12月26日】ご注文分迄を年内発送、以降は1月4日~発送とさせていただきます ◆◆◆

デンマーク:レゴハウスで気がついた、レゴの魅力

レゴランドの隣に昨年できたというレゴハウスに行ってきました。

Lego House

受付にあったレゴハウスのレゴ。実際こんな形をしています。

おそらくレゴの本社だと思われる建物の横にありました。

基礎情報

場所

デンマーク、ビルン

行き方

ビルンには空港があります。もともとレゴ社用だったらしい。

コペンハーゲンから頑張れば公共交通手段でいけますが、かなり不便なのと料金も決して安くないので、レンタカーを借りるのがいいと思います。

URL

https://www.legohouse.com/en-gb

どんな場所?

一言でいうと、レゴの美術館。

インタラクティブな作品も多いです。地下はレゴの博物館になっています。

アート作品としてのレゴ

レゴの凸凹とツルツルの面をうまく使いこなし、そのものらしさが表現されています。小さなところにもたくさんの発見があり、何度も来て見たくなる内容です。

玩具としてのレゴ

レゴを自由に作ることができるコーナーが多数あり、作る楽しさを様々な方向で提示しています。子供がいれば8時間は遊べることでしょう。

レゴの楽しさをレゴ社自身はよく分かっているようで、大変勉強になりました。

試行錯誤の面白さ

車を作って坂道を転がし、スピードを競ったり、穴をすり抜けたりする遊べるスペースがありました。少しでもパーツを変えたり位置を変えるだけで安定性やスピードが変化し、またやってみたい!という気になります。とてもシンプルな仕組みながら、ずっと遊んでしまいます。

クララウド(リアル)で一緒に作る面白さ

来場者は、無数のレゴの海(レゴが無数に溜まっているプール)から自由に作ることが出来、それを改造することが可能です。途中まで作られたレゴはたくさんあるので、いくつか選んで合体させることもできます。マインクラフトで大勢で建物を作るプロジェクトがありますが、それと同じような面白さを感じました。

物語を作る面白さ

無数の人形パーツを組み合わせて、自分のお気に入りの人形をつくりポーズを決めて写真を取れたり、こまどりアニメを取れるコーナーがありました。組み立てたレゴからどんな物語を作るのか、これもとても楽しいことだと思います。

インタラクティブ・センターとしてのレゴハウス

来場者はICチップ入のバンドをつけ、いろいろな遊びを体験するのですが、ちゃんと自分の名前が表示されたり、作ったものが記録されていて楽しいです!

このロボットを操作するゲームでは、操作画面にちゃんと自分の名前が出てきました。

使用されている技術は高度なものですが、それを感じさせない親しみのあるテーマになっており高いエンターテイメント作品になっています。

特に物語性(ナラティブ)を重視した作りになっており、強く記憶に残ります。

そして最後は、目の前で製造されたレゴと、自分だけの組み立て説明書がもらえます!!すげぇ!!

レゴランドと比較すると…

レゴランドで体験できることは、だいたいどこの遊園地でも体験可能。パークの中の人形や動物が全部レゴで作られてすごいのですが、今はボクセル表現がメジャーになったので、あまり新しさを感じることはありません。そもそもレゴの楽しさってそこじゃないような… あとレゴはプラスチック製なので紫外線による劣化が激しく、屋外の管理は大変そうです。

レゴランドは、一度来れば、もういいかなと思ってしまうのに対し、レゴハウスは、また来たい!と思います。この違いはどこから来るのか、自分もものづくりをしているので引き続き考えたいテーマです。

結論

そんなわけで、レゴハウスはとてもおすすめです。かなりアクセスが悪い場所にありますが、ヨーロッパ旅行の際はぜひ検討してみてください!

おまけ

冒頭で話したようにレゴハウスの地下は、レゴの博物館になっています。

これが最初のレゴセットみたいです。

(書いた人:濱田)